すずめの今昔
加賀百万石の前田家の所蔵品を保存・管理している成巽閣(せいそんかく)で江戸時代末期・元禄年間に『婦くらすずめ』と言う凧が揚がっていたと書かれた古い文献に出会い それを基に再現しました。

(成巽閣 http://www.seisonkaku.com/)
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
令和の飛翔

仕上がりました!

 

ミシン掛けが終わり組み立てるためにグラスファイバーを取りつけ揚げてきました。

 

     
 

 

 

真っ青の空に吸い込まれるように安定して揚がっていました。

 

 

 

下に置いたらミシン目が不揃いなのが良く分かるけど揚がって行くと

 

”やったぁ〜”

 

     

 

全然分からない!

 

 

| 凧作り | comments(0) | - | すずめ |
新元号の『令和』の凧を作っています

二年ほど前からミシンを掛けて大きな凧(布団凧・吹き流し凧)を作ってきましたがハンパでない大きさに正直疲れてもうミシンを見たくないとさえ思っていました。

 

そんな時にリップストップで作った新聞紙半面くらいの六角凧を見せてもらう機会があり もう少し大きくても縫製する所も少ないから大丈夫だと思い作ってみようと思いました。

 

六角と言えば凧を始めた頃に見よう見まねで作って揚げようとしていたのを近くで見ていた三条の凧の会の人に伝統の六角凧の作り方を教えてもらい作って揚げたことを思いだします。

 

 

あの時は和紙で作ったのですが段々進化し今回はリップストップをミシンで縫うという方法。

 

和紙やタイペックのように貼ったら修正がきかないと言うものではなく 縫い方が気に入らなければ解くことも出来るので気が楽と言えば楽でした。

 

・・・・が

 

     

 

黒のリップストップで『令和』と言う字を切り 赤のリップストップにジグザグ縫いで縫いつけるのですが

直線縫いは慣れているけどジグザグ縫いは初めてで 上手に思った所に針を落せなくて何度も何度も解いて縫い直しをしました。

 

たったこれだけ縫い付けるだけなのに2時間以上かかり 縫い終わったら目がショボショボして情けないけど明日は目と頭の疲れと根気が続かないのでお休みします。

 

こんな状態でいつになったら仕上がるのか・・・・心配です。

 

 

| 凧作り | comments(0) | - | すずめ |
久しぶりに遠征

「大阪へ行こうか?」

「ひろい所で凧を揚げたいねぇ〜」

 

数日前になんとなくそんな会話になって たった二人の凧の会(?)だから希望者を募る必要もなく意見が合えばレッツゴー。

 

 

早めに朝ご飯を食べて大阪へ。

 

高速を降りたら程々風が吹いていてホッ。

 

 

淀川の河川敷が大阪支部のホームグランドで毎回思うのは”都会なのにこんな広い場所があるって不思議”と言う事。

 

12時少し過ぎに現地付近に来たので窓から空を見るともういくつもの凧が揚がっていたのでウキウキ感がMAX。

 

「遠い所をようこそ・・・」と声を掛けて頂き「何度もお邪魔しているので遠いとは思わなくなりました・・・」と挨拶を交わしながら揚げる凧の準備を始めました。

 

布団凧が風をつかんでゆっくりと揚がって行きましたが揚がるにつれて上空の強い風に引っ張られ杭を打ち固定しましたが右往左往して安定がイマイチ。

   

 

小さい凧ならお互いに場所を移動してお祭りを回避できるのだけど大きいのでなかなか動いてくれなくて30分くらいで降ろし吹流し凧を準備しました。

 

これも気持ちよさそうに空から久しぶりの凧談義を聞いているみたい。

 

   


 

ひろい淀川河川敷

 

   

 

 

 

唸りの音があちこちから聞こえてくるくらい風が強く大きな唸りを付けた凧が多く揚がっていて賑やかでした。

 

   

 

   

 

   

 

   

 

風も強かったけど急に風向きが変わるのでこの連凧もあちこちに動くので早々に降ろされました。

   

 

滞在時間は3時間弱でしたが私が次に作ろうと思っている凧に付いてのレクチャーも頂きとっても充実した時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 大阪 | comments(0) | - | すずめ |
東日本大震災 8周年

忘れることのできない東日本大震災から明日で8周年。

 

今も各地で地震が起きているので今日は我が身かと地震のニュースを聞くと思い出す今日この頃です。

 

2011年から慰霊の気持ちを込めて連凧を作っていますが今年は『繋』と言う字を張り付けた連凧を繋ぎました。

 

     

     

 

週間天気予報を見ていたのですが当日の11日は今年も悪天候の予報が出ていたので一日早い今日10日に揚げることにしました。

 

準備中は風待ちをしていたらもしかしたら・・・・と期待していましたがソョッともせず

 

上空は少し風があるみたいなので先頭が数枚でも上がってくれれば少し走れば引き揚げられるのにと思ったけど凧は暢気なものです。

     

 

風待ちの間はテレビや新聞で見た地震直後のことなどを思い出していました。

 

30分ほどしたら20枚ほどが龍のように空に向かって揚がって行きました。
 

 

     

 

     

 

いい感じ♪と思ったのは束の間。

 

不安定なので下がって来ると松の木に引っかかると思いヒヤヒヤしながらの凧揚げで50枚ほどしか出せませんでした。

 

毎年10枚ずつ新しい凧を追加しているので今年は全部で90枚でした。

 

安定した日を選んでまた揚げようと思います。

| 2019 凧・絆プロジェクト | comments(0) | - | すずめ |
干支凧(イノシシ)の初揚げ

午前中は用事があったので午後から今年の干支の凧の初揚げに行ってきました。


所々には雲があるものの青空が広がりこの時季にしては本当に珍しく好天で気温は13度。

あまり高くは揚がらなくて

 

風が安定していると思いきゃ「これくらいで良いでしょ?」と怠け者のイノシシ様。

    

暫くは揚がったり下りたりで苦労しましたがイノシシ様がご機嫌よく上空に猛進

     

スマホのズームで撮ったのでピンボケですが大空に貼りついた瞬間です。

 

揚がるにつれてグイグイと引っ張られ上空は風があり 揚げ糸からはかすかにビィ〜ンと言う音がしていて持っている手に振動が伝わって来ました。

 

すずめの凧も揚げてみましたが持参した尻尾が軽くて右往左往して落ち着いてくれなくてすぐ着地。

     

 

北風でしたが太陽が出ていたお蔭で想像していた寒さも感じないで一時間ほどの今年初めての凧揚げでした。

 

 

 

追記

 

イノシシ様から「写真がピンボケだから名誉の為にハッキリしたのを貼ってよ♪」と申し出がありましたが

これが今年のイノシシ様

     

     

これが今年のイノシシ様の凧です。

     

 

 

| 干支の凧 | comments(0) | - | すずめ |