すずめの今昔
加賀百万石の前田家の所蔵品を保存・管理している成巽閣(せいそんかく)で江戸時代末期・元禄年間に『婦くらすずめ』と言う凧が揚がっていたと書かれた古い文献に出会い それを基に再現しました。

(成巽閣 http://www.seisonkaku.com/)
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS


01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
お正月の字凧を作りました

干支凧が完成したのでお正月の文字を書いた凧を作りました。

正月・賀正・迎春・頌春とお正月の言葉は沢山ありましたが「頌春」というのは新年を讃えるという意味だそうでこれを書くことにしました。

パソコンで「頌春」の文字を江戸勘亭流の書体を拡大しまし和紙にフエルトペンで書きました。
凧の大きさは横42.5cm、縦57.5cmです。

  

骨組みを貼り付けました

  

裏面です

            

組みあがった凧に赤色の染料で彩色しました。

  

染料が乾いたので反り糸と糸目糸を付けました。

  

完成した凧の裏面です

  

空模様を見てネズミの干支凧と頌春を揚げに行こうと思います。

| 干支の凧 | comments(0) | - | すずめ |
ネズミの干支凧 4

昨日彩色した凧に反り糸と糸目糸を付けて凧は完成しました。

  

     

我がもの顔で俵の上でポーズをとっているけど中のお米を食べないでね!

 

 

今年は本当に順調に凧作りが終わったのですが 夫が先月怪我をして入院し退院したのですがまだ少し不安もあり仕上がった凧の仮揚げにも行けないので空ばかり見上げてため息をついています。

 

強風でなければ怪我をしたところに負担は掛からないと思うので12月に入ってから空と相談して揚げに行こうと思います。

| 干支の凧 | comments(0) | - | すずめ |
ネズミの干支凧 3

今日は大入りの文字の周りを赤の染料を入れました。

 

  

ひと回り小さめの凧も作りました。

  

 

丈を張り付けて乾いてから赤の染料を入れました

  

 

骨組です 

    

        

明日は糸目糸・反り糸を付けて仕上げます。
               


                 
 

| 干支の凧 | comments(0) | - | すずめ |
ネズミの干支凧 2

夫が骨組みを組んだ枠

  

骨組の枠に絵を描いた和紙を骨組み貼り付けるのですが

この作業を適当にすると安定して揚がってくれないのでとっても気を使う作業で 最後に要所要所を補強紙で押さえます

  

 

そして貼り終わったのが↓

  

 

さて今日は此処までで 明日はバックに赤の染料を入れます。

 

| 干支の凧 | comments(0) | - | すずめ |
ネズミの干支凧 1

今年こそは日に余裕を持って作ろうとかなり前から来年の干支であるネズミのイラストを探し始めたので スムーズに凧作りを始めることが出来ました。


昨年は作る段になって和紙の買い置きがない事に気が付き急いでいたので思ったような紙が入手できませんでしたが 日もない事だからと思ってとりあえず今年の分も買っておいたので今年はその紙を使いました。

 

私が使いやすい紙があったとしてもこれまでの様に大量に買い置きしたくないので難しい所です。

 

先ず寸法出しをした和紙に大入りの文字を書きました。

  
        
そしてネットから拝借した可愛いネズミのイラストを描きました

  

彩色しました。

  

            

| 干支の凧 | comments(0) | - | すずめ |