すずめの今昔
加賀百万石の前田家の所蔵品を保存・管理している成巽閣(せいそんかく)で江戸時代末期・元禄年間に『婦くらすずめ』と言う凧が揚がっていたと書かれた古い文献に出会い それを基に再現しました。

(成巽閣 http://www.seisonkaku.com/)
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
被災者を招待した三条イカ合戦
風待ちをするテントの中で 
夫が揚げていた大震災で被災された方を励ますコメントを書いた凧の話になった。

三角形の凧にメッセージ部分が45センチ×9メータ・・・・長いなぁ・・・・等などと。


そんな話が延々と続くが合戦が進まないので帰り仕度をしている所へ
南相馬市から三条市へ避難されている方が私たちのいたテント横で足を止められた。


夫はその方に
「風が無いので高くは揚がらないと思いますが・・・」と断わり、走って凧を引き揚げたのを見て

「今日はイカ合戦を見に来てとっても元気と勇気を頂きました」と言われた。

そしてメッセージ部分の「がんばろう」と言う文字が漢字の「頑張ろう」でないのが優しく思えると言うようなニュアンスのことをおっしゃった。

「頑張れ!」と言う言葉が方々で取り沙汰されているのを聞いていたので、書いた者として何とも言えない安堵感を感じた。


引き揚げた瞬間をカメラにおさめられご自身のブログにUPしたいともおっしゃり、私はブログタイトルをお聞きして帰って来た。


地震・津波・原発被害。

地震だけならこれほどの被害がなかったであろう。

特にこの方は原発から20キロ圏内 いや 14キロしか離れていない所に住んでおられたとのことでいつ住んでいた所へ帰られるともいまの所は未定だとのこと。

「お身体に気を付けて下さい・・・・」としか言えずお掛けする言葉を持ち合わせていない自分を恥じた。



天災プラス人災を風化させてはいけない・・・・
怒りもおありのはず・・・・
ともすれば悲観的になりがちな避難生活の中でそんな事を全く感じさせないような・・・・

すごく前向きな暮らしぶりが写真や文面からうかがえる、南相馬市から三条市で避難生活をされている佐竹さんのブログです。


佐竹さんのご了解をいただきリンクさせていただきました。


     『負けてらんにぇ! みんなでなんとかすっぺ!!』

         http://blog.goo.ne.jp/minamisoumashi-hinan
     

         













 

| 三条 | comments(0) | - | すずめ |
今日は風が無くて
今日の合戦は13時から16時までなので午前中は隣のグラウンドで凧揚げをしました。

昨日はお天気も良く風が良すぎ
でも今日は昨日の半分でも風が欲しいと思うほど・・・・

やっと風を掴んで揚げた「すずめの学校」ですが5分も揚がっていなくて
あっと言う間に降りて来ちゃいました。 

次に揚げたのは東日本大震災で被災された方々を励ますコメントを書いた垂れ幕の凧。
市役所の方が写真を撮らせて欲しいと言ってたんだけど撮ってくれたかな?



風の塩梅で人間の思うようには行かないのが凧で
「はい いま 揚げて下さい」と言われても揚がらないんですよね。

でも「今日は風が無いから揚がらないよね」と言っていたんだけど上手く風を掴んで揚がったので
大急ぎでバックの中に入っているであろうカメラを探したんだけどない!ナイ!無い!

悲しいかなカメラの充電器が何度も自己主張をして私の手に当たった。

仕方がないので携帯で撮ったので綺麗ではないですが・・・・


近くで走れば簡単に揚がるビニールの凧を揚げている親子を見ながら時間が過ぎて
いよいよ午後からの合戦が開始。


今日は昨日と打って変り風が無く合戦にならなくて本部の審判の実況も寂しげ。

でも時々
「五月 3点!」とか「小町 3点!」とか聞こえて来るんですが私の応援しているのは隆青会。

得点が無く寂しい。


帰る間際になり福島県の南相馬市から三条市に避難されていると言う方とお話が出来た。

「今日の凧揚げで元気をもらいました!」ととっても喜んで言われた言葉が心に残り
被災地の様子をメディアでしか知らない私は薄っぺらな言葉しかおかけする事が出来なかったが
その方がブログを書いておられると言う事でブログタイトルをメモして帰って来た。
| 三条 | comments(0) | - | すずめ |
三条イカ合戦 (追記)
10時に家を出て合戦場に着いたのが二時頃。

高速道路を走行中に中之島見附のタコが二枚空高く揚がっているのが見えた。

あんなに高く揚がっているということは風が有るということだねと話ながら三条の合戦場に着いた。

各組の揚げ手が揚げ糸を出しピタッと行動する籠持ち.

揚げ手と籠持ちの息があっているのにいつも感心する。

でもやはり風が邪魔をして絡みはするけど難儀していた。

風が足りなければ合戦にならないし有りすぎると絡みはするが同じ組で絡んで合戦にならないし…。

七時からいつもの仲間と再会を祝し食事会。

マグロのお刺身がモチモチして美味しかった。

越後のコシヒカリのおにぎりが満腹のお腹に二つも入り自分ながら驚いた。

明日は良い風が吹いてくれますように…



(追記)

揚げ手と応援隊との会話。


揚げ手
 
  「風があって上手く行かないよなぁ〜〜」

  「高く揚がりすぎるもんなぁ〜〜」


これを聞いていた応援隊(女性)

  「風があるのはこっちばかりじゃないよね。 向こうにだって同じ風が吹いてるんだから・・・・」


私の感想(言わなかったけど・・・・)

  応援隊の言葉には納得。
  でも揚げ手も難儀してるのが分かるから言えないよ。

 
| 三条 | comments(0) | - | すずめ |
明日は三条へ
 震災で自粛になるかもしれないと聞いていた三条のイカ合戦。

例年のような前夜祭は中止で合戦だけをするとのこと。


先週の八日市は延期になり今週末に行われると言う事だけど
同一日なので残念だけど前から申し込みをしていたので三条に行くことにしました。


三条のイカ合戦は見るのも面白いが三条の方言がてんこ盛りの
合戦の解説を聞いているのがまた面白い。




初めて聞いた時は何を言っているのか分からなかったが
お付き合いするうちにかなり分かるようになってきた。


伝統のイカ合戦とお国言葉を一緒に楽しめる所はそうないと思う。


明日・明後日は気温も上がり暑くなりそうだ。


三条では「凧」の事は「イカ」と言うので「凧合戦」とは言わず「イカ合戦」と言います。

三条凧ばやし

http://taihou.web.fc2.com/newpagexxtakobayasi.html
| 三条 | comments(0) | - | すずめ |
ごっつあんです!
NEC_0019.jpg

相撲協会が暴力団絡みの親方・関取を指導し直すために
何とか委員会などを作って対策をしてるよね。

あの大きいお相撲さんの身体にごっつあん体質がしみ込んでるから
後から後から糸を引くように出るわ 出るわでいつになったら治まるのやら・・・・


ところで新潟県の三条の凧友からお相撲さんの浴衣生地を頂きました。

私は凧友といとも馴れ馴れしく簡単に言ってますが 体格も心もデッカい人で
20数年前に凧を始めたばかりの頃に知り合った。

とある会場で大急ぎで前の晩に凧を作り凧揚げに勇んで出かけたんだけど
作りが悪くて上手く揚がらない凧を確か当時小学校3年生だった息子と揚げるのに
苦労しているのを見かねて声をかけてくれたのがこの浴衣生地をくれた人。

この人は若い頃 お相撲さんになりたくてある部屋に入ったそうだけど
親に連れ戻されてお相撲さんになる夢半ばで親元に帰ったんだって。

でもやはり諦められなくて以来何て言うのかな?

その部屋のお相撲さんの世話をするようになって
三条で大会がある時は毎年若いお相撲さんを順番に呼んで私たちに相撲部屋の「ちゃんこ」などを作らせて振舞って下さる。

部屋には毎年新潟のコシヒカリを沢山差し入れしてるそうで
そのお礼みたいな物で番付表・カレンダー等が沢山送られて来るんだって。

この浴衣もそうなんだって。

私は数年前にも数反ごっつあんしたんだけど未だ仕立ててないのよね。


相撲好きの人には番付表やカレンダーは大変興味のあるものだとは思うけど凧友には悪いけど
我が家に掛けてあるカレンダーを見て欲しがる人には差し上げてるんだけど嬉しくて小躍りして帰って行くのを見ると私まで少し嬉しくなる。

以前 娘の大学の恩師がアメリカ人で日本にいた頃には差し上げていたんだけど今はアメリカに帰ってしまったので住所が分かっているんだけど海外に送るとなると梱包するのもそれなりに大変だし・・・・ね。

そんなわけで頂いたカレンダーなどは終わってしまった物でも欲しいと言う人がいて助かっています。

| 三条 | comments(0) | - | すずめ |