すずめの今昔
加賀百万石の前田家の所蔵品を保存・管理している成巽閣(せいそんかく)で江戸時代末期・元禄年間に『婦くらすずめ』と言う凧が揚がっていたと書かれた古い文献に出会い それを基に再現しました。

(成巽閣 http://www.seisonkaku.com/)
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
ブロ友さんと・・・・

今年も大根寿司(第一弾)をブロ友さんご教示の甘酒で漬けました。

 

        

 

秋以降の日照不足で大根の生育は去年に比べたら3割くらい悪かったけどまあまあの大根が収穫できました。

 

さて毎年懸案の麹の発酵ですが凧友さんのご紹介で我が家からそう遠くない所にお住いのブロガーさんを紹介いただき 昨日その方をお尋ねし麹を発酵し甘酒にする手順をご教示いただきました。

 

彼女はとっても気さくな方でブログを通じて何度かコメントを交換していたので初対面とは思えないほど話が弾みとっても有意義な時間をいただきました。

 

私は何十回も甘酒を作っているのですがイマイチ甘みが足りない事と 漬けあがった大根寿司が水っぽかった理由が目からウロコが剥がれるように解決しました。

 

彼女は麹一袋に対してお茶碗8文目くらいのご飯と60度くらいに冷ましたお湯を250ccくらいとのことで私とはずいぶん違っていましました。

 

早速昨夜は教えてもらった分量で甘酒を作りましたがこれまでにない甘さでびっくりしました。

 

私はこれまで何度も大根寿司やかぶら寿司の作り方の講習会を受けましたがそういう所では麹を発酵させて甘酒にしたものを持って来るし 大根は下漬けしたのを持って来て 本漬けの仕方だけをすると言うのが普通でした。

 

「作ったことのない人は分からないのだから何の疑問持たないだろうけど私達のような経験者には正直言って得る物がない講習会だよね」と私が言ったら彼女もそう思うって激しく同意していました。

 

その他にも経験者ならではのノウハウも一杯いただいて有意義な時間を過ごさせていただきました。

| 凧・人との出会い | comments(2) | - | すずめ |
素敵な出会い!
「こちらは出会い系サイトではありません」とお断りして
最近凧を通じての素敵な出会いを書いて見ようと思います。


 八日市それと昨日の長野の大会。

それそれの大会は楽しいんだんだけど今一つ体調がすぐれなくて
写真の整理も出来ないまま日が過ぎて行きます。

体調がすぐれないと言っても凧揚げには行けるくらいなんですが
帰って来てからが問題でよる年並みに勝てないと言うか疲れが後を引き
記事を書こうとパソコンの前には座るんだけど思考の回線が断線してるのか
言葉が浮かんでこないのです。


実は八日市でお二人と長野でお一人の方とそれぞれで今まで凧人生20数年間の中で
出会った事のないような方々との出会いがありました。


先ず八日市では関西圏にお住まいのご夫婦で 
ブログ『吾亦紅のつぶやき』を運営されているHNが「吾亦紅さん」で
そしてもうお一人はやはり関西圏でプロのカメラマンのKさんです。

そして昨日の長野ではやはりプロのカメラマンとお見受けしたMさんでした。


いずれの方も「すずめの学校」を参観(?)されカメラを向けて下さった方々で
図々しくも「撮影されたお写真を頂けませんか」と言う私の申し出を快く受けて下さり
沢山の写真を送って頂きました。


私たち夫婦はいつもは柄にもなくド派手な法被を来て凧を揚げているので
それを写したいらしく
「もう少し二人が寄って欲しい」とか「凧を少し下ろして欲しい」とか言われるのですが
無理な申し出はお断りしています。

でもやはり違います!

プロのカメラマンの方はそう言った事は言われなくて
黙って「カシャッ」とシャッターを切る音だけが聞こえます。


名刺を渡しお願いしたまでは良いのですが
その後は全くの音信不通でこちらからの連絡するすべもないと言うことも何度もありましたが
今回はお三方の本当の御親切にあらためて胸が一杯になりました。

私の拙い文章で頂いた沢山のお写真をどのように紹介したら良いかと整理しながら
賞味期限切れの脳みそをかき混ぜながら思案しております。

なお『吾亦紅のつぶやき』で吾亦紅さんが「すずめの学校」を気恥かしいくらいに素敵に紹介して下さっていますのでそちらもご覧になって下さい。

  http://blogs.yahoo.co.jp/koto_fuyu
| 凧・人との出会い | comments(0) | - | すずめ |
凧友紹介


ご本人に了解をいただき写真を載せました。
凧の会の方はご存じだと思いますが岡○凧クラブの『は○ひ○き』さんです。


「正面からの顔を出しても名前を出してもいいんよ」とおっしゃいましたが
個人情報など色々考えまして伏字にさせていただきました。


とにかくこの人の凄いところが二つ。


一つ目の凄いのはご本人が着ていらっしゃるハッピ。


このハッピの絵柄は一針一針ご本人自らの手で刺されたものだそうでミシン刺しゅうとは違い
触ったりしてよぉ〜く見るとやはり手刺し刺しゅうの感触がしっかりと手に伝わりただただ驚きました。

知り合ってかれこれ20年くらいになるんだけど先日の内子町五十崎の大会で初めて知ったとは
お恥ずかしい限りでした。



そして凄いの二つ目。


いつも元女優の≪は○せつこ≫さんとお母様をお連れになり
家族で凧を楽しんでいらっしゃるのを拝見しとても温かい家族愛を感じます。
ええっ?と驚かれる方もお出でるとは思いますが奥様は元女優の≪は○せつこ≫さんと
同姓同名でとってもおしとやかな女性で嫁姑を感じさせないホンワカとした心遣いを
お義母さまにして差上げておられるのを見て見習わなければと思った一コマもありました。


見習わなければならないのは私じゃなくて長男の嫁にですが・・・・
ホンワカとした心遣いが欲しいなんて言ってないで私が見習わなくてはならないのは
節子さんのお義母様ですよね。



名前は私の息子と字は違いますが『ひ○き』


吸っているタバコも同じで
血液型が『AB型』とお聞きした時は何とまぁ・・・お互いにと驚き
今まで以上に親近感を覚えお付き合いさせていただいています。


ずいぶん前になりますがある大会に息子家族も一緒に行った時に
偶然にも『は○』さん家族とお会いした同士が意気投合し凧ならぬ人生談義(?)に花が咲き
孫が一歳になる少し前にかわいいサンダルをお祝いに送っていただき本当に感激しました。


私たちを気にかけて下さる凧の会や凧友さんに感謝です。

 

 

| 凧・人との出会い | comments(0) | - | すずめ |