すずめの今昔
加賀百万石の前田家の所蔵品を保存・管理している成巽閣(せいそんかく)で江戸時代末期・元禄年間に『婦くらすずめ』と言う凧が揚がっていたと書かれた古い文献に出会い それを基に再現しました。

(成巽閣 http://www.seisonkaku.com/)
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS


12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 梅 | main | 梅  二日目 >>
ボックスカイト

春にブログ友達の凧男さんから頂いたボックスカイト

 

子供が小さい頃に玩具屋さんでもらってきたボックスカイトを揚げてみて揚がり方に感動し 私も何時か作ってみたいと思っていたボックスカイト。

 

初めて作るのでドキドキしながら作りました・・・・・

 

 

今月半ばに北海道の猿払村の凧揚げに参加するので4面のうち2面に去年貰ったホタテ貝の絵を描いたビニールを貼りました。

 

      

 

作業しながら一点糸目にしようか・・・・と悩んでいたら夫が次につくるのを一点糸目にすればどうかと言ったので 初めてなので凧男さんのボックスカイトは二点糸目だったので同じ二点糸目にすることにしました。

 

 

石川県地方は昨夜半から大雨警報が発令され正午過ぎまで土砂降りだったので仮り揚げは明日以降だなぁと思っていたのですが 完成と同時にグッドタイミングで晴れてくれてなんと良い塩梅で風まで吹いてくれました。

 

でもお天気はまだ完全に回復していないので遠くへは行けないので家の近くで揚げてみました。

 

      

 

      

 

住宅街なので電線が交差していて凧揚げには良い環境ではないのであまり長く糸は出せませんでしたがバッチリ揚がってホッとしました。

 

この凧は骨を外すとクルクルと巻いて収納できるので明日夫がビニールをホットシーラーで接着して袋を作ってくれるそうです。

 

 

 

 

| - | comments(2) | - | すずめ |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |
いやぁ〜ボックスカイト、見事に浮上していますね…。昔の飛行機凧や行灯凧(ボックスカイト)は一本糸目で揚げているようですが風力に応じて糸目が変えられる二本糸目をお勧めします。すばらしいデザインが北海道で揚がることを楽しみにしています。凧の収納袋をご主人が作ってくださるとか…夫唱婦随…婦唱夫随?でうらやましいです。
| 凧男 | 2017/07/09 7:22 PM |

☆凧男さんへ

凧男さんに頂いたボックスカイトを参考にして長年の夢を実現しました。

この凧はデリケート(?)なので布の収納袋では引っかかって破損するといけないのでビニールで作ってもらいました。

難しいかと思っていたのですがサンプルがあったので要点を押さえて作ったので案ずるより産むがやすしで我ながら上出来♪
意外な揚がり方をするのですっかり嵌ってしまい第二弾を計画中です。

ありがとうございました。
| すずめ | 2017/07/09 8:39 PM |