すずめの今昔
加賀百万石の前田家の所蔵品を保存・管理している成巽閣(せいそんかく)で江戸時代末期・元禄年間に『婦くらすずめ』と言う凧が揚がっていたと書かれた古い文献に出会い それを基に再現しました。

(成巽閣 http://www.seisonkaku.com/)
ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
OTHERS


07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
秋田県から青森県へ  

曇っている秋田県・十和田湖を目に焼き付けて国道405号線を青森県に向かいました。

 

道の駅で休憩と言いながらオヤツなどの調達がメイン。

 

走って行くと五戸(ごのへと読むそうです)と言う地名が出てきました。

 

私達の最終目的地は八戸。

 

スマホでググったら 一戸 二戸 三戸 五戸 六戸 七戸 八戸 九戸まではあるけどなぜか四戸は無いのだそうですが

『四戸』と言うお名前のお宅はあるそうです。


体内時計は順調に動いているようでお昼近くになると「お腹が空いたよ」と合図があり比較的大きなスーパーを見つけたイートインコーナーで昼食をとりウミネコが沢山生息している蕪島神社に向かいました。

 

神社専用(?)の駐車場は広いだけではなくて有難いことに無料でした。

 

相変わらず今日も風が強いので狭い駐車場では隣の車との距離が近いとドアの開閉には気を遣うのですがここは大丈夫。

 

車を降りて向かったウミネコの生息地 蕪島神社。

 

2015年11月15日に原因不明の出火で社殿が焼け再建工事中の為に仮囲いが施されて入れませんでした。

     

木々の中にいる白いのがウミネコです。

沢山のウミネコが工事を見守っているようでした。

        

階段の所にもウミネコがいました。

        
沢山のウミネコがあちこちに羽を休めていてすぐ近くを通っても逃げない人懐っこいウミネコたち。

        

かわいい〜〜

        

寒くないの?

        
寒いんでしょ? 寒いよね?

        
本当に人懐っこくて見ていても飽きないけど寒いのには勝てなくて 急ぎ足で車に乗り込み熱いコーヒーを飲みながら次の目的地の八戸へ向かいました。

 

| 種差海岸(たねさし海岸) | comments(0) | - | すずめ |
鹿角(かづの)〜十和田湖へ 

昨夜は「道の駅かづの」に到着したのが18時を過ぎていたのでお店は閉店していたので6時少し前に起きて洗顔し辺りを散策しましたが昨日と同じで晴れてはいましたが風が強く気温も低く先が思いやられました。

 

車に戻りエンジンをかけて少し車内を温めて昨夜調達したパンとコーヒーで軽い朝食をとり十和田湖に向かって出発しました。

 

 

少し走ると「ホテル鹿角」と言う大きなホテルの向かいに道の駅の地図には載っていなかったけど4月28日にオープンした「道の駅おおゆ」がありました。

        

        

        

この「道の駅おおゆ」は新国立競技場の設計者の隈研吾氏の設計だそうで 少し前にテレビで放送していたと夫が言っていました。
全体が多分秋田杉ではないかと思うのですが木材で造られていて建物の外面は大きなガラス張りでした。

 

朝早く営業時間外だったので外からガラス越しにしか見ることが出来ませんでしたが室内には木製のワッカが間仕切りのように配置されていました。


そして裏側に回ってみると何とビックリ!
足湯が2ヶ所作られていて早速この足湯を利用させてもらいました。

 

これは奥側に行くとお湯が熱くなっている足湯で大人用かな? 

            

                    

気温が低く風もありましたがやはり足を温めると身体全体がホカホカして温泉に入ったような気持ちになりました。       

            

            

これは子供用の足湯かな?

            

トイレもまたとっても斬新で高級ホテルのトイレのようでした。

 

大湯の街を出て国道103号線を北上すると水力発電所があり30〜40m位の高さから滝のように水が流れていました。

 

十和田湖を一望できる発芽峠第一展望台に着きました。

            

        

展望台に登って見ると風が強くとても寒く十和田湖を一望しましたがお天気はまずまずでしたが全体が霞んで見えるのが残念でした。

        

        
風と寒さに耐えられず車に戻り峠道を走っていると道路脇の所々には残雪が残っていました。

            

        
十和田湖畔の乙女の像を見るのに駐車場がありましたが1回500円と書かれており 何時間も止めるわけでもないのに高〜い!と言うことで見ませんでした。
十和田湖は西湖・中湖・東湖があり西湖はが秋田県 中湖と東湖が青森県にあるそうで十和田湖と言えば秋田県としか思い浮かびませんが2つの県にまたがっているとは知りませんでした。

 

| 種差海岸(たねさし海岸) | comments(0) | - | すずめ |
ひたすら北上・・・ 

温かいうどんで満腹になったのでひたすら北へ向かいました。(あの国じゃないですよ)

 

車に長時間座りっぱなしでいると疲れるので最近は遠出をする時はこれまで以上に休憩の回数を増やすようにしています。

 

なので高速道路のSAや一般道の道の駅などの売店に立ち寄った時にオヤツを買う回数も当然増えて 家から持ってきた物以外の食べ物や飲み物が一杯になります。

 

私は三度の食事以外はあまり食べないのですが運転している夫が食べたがり屋なので四分の三は夫の口に入ります。

 

食べ物を惜しむと運転拒否をされたら困るのであれこれ見繕って渡すと好き嫌いも言わないで口へ。

(そりゃそうだよね。夫の好物ばかりを買っているんだから・・・・)

 

 

山形県を通過し秋田県に入りました。

 

車のガソリンを満タンにして出発したのですがそろそろ車のお腹も満たしてあげなければと給油スタンドに入りました。

 

ガソリン代は山形県も高かったけど秋田県も高くてビックリしましたが 人間様だけがお腹を満たすのはどうかと思いましたので満タンにして国道280号〜国道103号を通り鹿角市(かづの)へ向かいました。


比内の少し手前で湯の岱温泉と言う看板があったので冷え切った身体を温めようと温泉に入りました。


とっても温まる良い温泉でしたので管理人の方に聞いたら36℃の温泉を温めてかけ流しにしているそうで

入浴料金が310円だったので経営が成り立つのかと不躾な質問すると この温泉は秋田市から補助が出ているそうで 近くにも別の温泉があるのだけど そこは温泉を循環させていて料金がこの温泉より高いので人が少なくこの温泉の利用客が多いと話していました。

 

「どこから来たの?」と聞かれたので「石川県から来ました」と言うと「相撲の遠藤関の所だね」と話が弾み 水分補給をし汗をしずめて温泉を後にしました。

 

そして今日の最終目的地の『道の駅鹿角』に到着しました。

 

『鹿角』と言う地名はブログ仲間の凧男さんの所で秋田県の方がコメントで書いていらっしゃったのを思い出しました。

 

『道の駅鹿角』は別名が『花輪ばやしの里あんとら』と言って花輪ばやしの屋台が収容されている大きな建物が併設されていました。

18時を少し過ぎた頃に到着したので残念ながら売店は閉店していましたが 駐車場には10台程の車が止まっていて多分駐車場泊の車だろうと思いました。

 

私達もこの集団の中で泊まりました。

 

本日は406卅行しました。

| 種差海岸(たねさし海岸) | comments(2) | - | すずめ |
未踏の地 東北へ 

最近はめっきり遠征の機会が少なくなりましたが凧を始めて約30年。

 

北海道へは数えきれないくらい遠征したけど旅行でも一度も東北を訪れたことがないので青森県の種差海岸で行われる凧揚げに参加することにしました。

 

18時に出発 

 

高速道路の深夜割引を利用して最寄りのインターから北陸道を走行していたら 新潟県の名立谷浜SA〜上越JC間がトンネル工事の為に20時〜翌朝6時までが通行止めとの事で一般道を迂回せよとの誘導。

 

名立谷浜SAに着いたのは20時27分で高速に乗る前にダイソーで買い物をしていた時間が30分ほどだったので27分前にストップとは・・・

 

しかし一般道は夜間の為か思いのほか交通量が少なくスムーズに走れて 上越JCから高速に入り今夜の車中泊の黒崎SAに到着しグッスリ睡眠をとることが出来ました。

 

5時少し前に目が覚めて洗顔。

 

肌寒さは感じましたが熱いコーヒーとサンドイッチで朝食をとり 何度か休憩を取りながら新潟県とさよならし山形県〜秋田県に入りました。

 

新潟県までは北海道へ行く度に見ていた景色でしたが初めての山形県を走行中は殆ど居眠り状態で「もうすぐ秋田港だよ」と起こされるまで爆睡でした。

 

道の駅秋田港に到着しました。

         

地上100mのポートタワー。

         

写真を撮ろうと思ってカメラを向けると立っている事が出来ないくらい風が強くてフラフラでした。

このタワーは風が強いとタワー全体が揺れる構造になっていて 船酔いみたいになる人もいるそうでそんな日は展望台は閉鎖になるとの事でした。

 

風力発電のプロペラが回っていましたが曇り空で水平線が霞んで見えました。

 

エレベーターで屋上展望台に上り駐車場を見ましたが車が米粒くらいでしたが ”あった あった〜”

マイカーを見つけました。

     

ぐるっと回って街の方を見ましたが・・・・小さい・・・

     

「もう降りよう」と言っているのにこの人はスマホで何かを探しているようで 聞いたら欲しいものがあって100均を探しているとのことでした。

家を出てからも100均で買い物をしてたのに何を”どんだけ〜〜”って感じです。

         

エレベーターで地上へ降りてタワーの向かいに併設されているセリオンリスタへ行きましたがここには何があるのかわからなかったのですが面白いものを見ました。

 

うどん・そばの自販機です。

         

私は初めて見たのですが 昔 長距離ドライバーの為のドライブインとか言うのがあって そこに設置されていたと夫が懐かしそうに見ていたらオーナーがご好意で仕組みを見せてくれました。

 

扉を開けると発泡スチロールの容器にうどんやそばが入っていてお湯が入り 

         

温まると湯切りをして天ぷらやネギが入り汁まで全工程を自動でやってくれると言う優れもので

扉を開けてオーナーがスイッチを足で作動させてくれて ”ハイ 出来上がり〜”。

         

夫は天婦羅そば・私は天婦羅うどんを食べましたが寒かったのでとっても体が温まりました。

     

テーブルに置かれている薬味の唐辛子はペットボトルに入っていました。

蓋を取って振りかけましたが沢山入りすぎるのが怖かったので恐る恐る振りかけていたら なんと蓋に小さな穴が開いていて蓋を取らなくても振ると適量出るようになっているとのことでこれにはビックリしました。

 

夫には懐かしく 私には珍しく初めてのうどん・そばの販売機

親切なオーナーさんは気軽に写真もOKで有難うございました。

         

ちなみにこの販売機のうどん・そばの麺はインスタントではなくて生麺でコシもあってとっても250円とは思えないくらい美味しかったです。

 

体も温かくなった所で先へ進みました。

 

 


 

   

 

 

 

 

 

| 種差海岸(たねさし海岸) | comments(2) | - | すずめ |
上手くアップ出来るかな?

スマホからのログインの仕方が分からなくて放置していたら

近くに住んでいるブロともさんから「時間が出来たから教えてあげる」とラインが来てヤッタ〜。

 

沸騰寸前の脳みそを上手く使って叩き込みました。

 

教えて貰ったのを忘れないうちに書かなきゃならないと思って入力してるんだけど投稿できるまで行けるかどうか?

 

そろそろ投稿してみようと思います。

 

しかしパソコンの十倍以上の時間がかかるわ。

 

慣れれば大丈夫と言われたけど難しいわ。

 

 

 

 

| - | comments(4) | - | すずめ |